昨日の記事の補足と修正です。

The following two tabs change content below.
こんにちは、風呂めぐみです。ご縁のある皆さま、いつもありがとうございます。高松でソーシャルビジネスのプラットホーム、コワーキングスペース・ガイニーを運営させていただいています。コワーキングスペースという提供させていただいている設備の特徴から、起業時の初期投資費用をおさえられるため、何かをはじめたい方の利用も多く、相談にのることがあります。セルフブランディングのお手伝いをさせていただいています。

人に説明するのって、難しいですよね・・・。
昨日の記事内で、私が使った言葉で、企業型と個人型という表現を
しましたが、表現方法が間違っていることが、わかりました。
確定給付年金・・・・・企業で運用し退職後に分配している年金
確定拠出年金・・・・・401kとよばれている個人責任で運用する年金
で、「企業型」「個人型」というのは、
確定拠出年金の中で、
・企業型・・・企業が負担して、取り扱い店や銀行等に収める仕組み
・個人型・・・個人が負担して、取り扱い店や銀行等に納める仕組み
でして、負担する人がだれなのか表現で使うのが、企業型、個人型
ということでした。
訂正してお詫びもうしあげます。記事の内容も、訂正いたしました。
企業型、個人型どちらにしても、企業の登録が必要となります。そして
今までと大きく違うメリットは、年金をポータブルできるということ
すなわち、転職しても次の会社で、一からかけるのではなく、継続でき
るという事です。それと、会社を退職して主婦になった方も、継続でき
ます。
それと、所得控除があることです。
来年からの給与所得控除の金額は・・・すみません資料を家に忘れてき
たので、また後ほど・・・。
気になったので、とりあえず、訂正を先にしました。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.