18年前に感じた合理的なシステム

The following two tabs change content below.
こんにちは、風呂めぐみです。ご縁のある皆さま、いつもありがとうございます。高松でソーシャルビジネスのプラットホーム、コワーキングスペース・ガイニーを運営させていただいています。コワーキングスペースという提供させていただいている設備の特徴から、起業時の初期投資費用をおさえられるため、何かをはじめたい方の利用も多く、相談にのることがあります。セルフブランディングのお手伝いをさせていただいています。

今日は子供と一緒に、集合店舗でお買いもの♪ご飯も、食べました。ファーストフードではありませんが、軽食店がたくさん並んでいて、好きな食べ物を買って食べるスペースがあります。

実は、私は、今から約18年前、アメリカのど田舎に6週間ホームステイに行っていました。

その時と同じようなシステムが、日本に来ていると感じます。18年前の私は、すごく合理的だなぁ~と思ったものです。そして、その時は、アジア人は、ほぼ見かけない地域でした。日本人の友人4人ぐらいと、アメリカ人の友人と食事をしていたのですが、ものすごく注目されているような気がして、なんでだろう?と思っていたのですが、原因がすぐに、わかりました。「お箸」です。セルフサービスで、フォークやスプーン、箸も置いてあったのですが、箸袋に使い方の説明が英語で表記してあったのと、40~50人ぐらいいたなかで、箸を使っていたのは、私達だけでした。4人とも、一斉に箸をつかって、食べていたので、珍しかったのでしょう。

ホームスティに行かせていただいた経緯については、後日、、、。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.