勝間和代 成功を呼ぶ7つの法則

The following two tabs change content below.
こんにちは、風呂めぐみです。ご縁のある皆さま、いつもありがとうございます。高松でソーシャルビジネスのプラットホーム、コワーキングスペース・ガイニーを運営させていただいています。コワーキングスペースという提供させていただいている設備の特徴から、起業時の初期投資費用をおさえられるため、何かをはじめたい方の利用も多く、相談にのることがあります。セルフブランディングのお手伝いをさせていただいています。

昨日から、モヤモヤしている事があって、自分の中で未消化でしかたありませんでした。
考えても考えても、行きつくところは結局同じなのですが、なんで、そうなのかがこの本のこの部分を読んで、はっきりしたので
書くことにしました。もちろん、おススメの本なのですが、今日はあえて思っている事の
カテゴリにしました。どの部分かと言いますと・・・。



この中で、東大生のとあるゼミに勝間さんがゲストスピーカー
として、招待されて出張授業をされています。
ーーーーーーーー以下引用ですーーーーーーーーーーーーーーー
「女性達に自覚してほしいのは、自分達が二流市民として
差別されているという現実です。」
「実力をフェアに評価されたいと思えば数値ではっきり成績が出る
業界に行くのをお勧めする。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まさに、何度も私は経験しているのに、その言葉で納得説得させられました。
いくら、会社で価値ある仕事をしても、会社は安いコストでもっと働かそうとします。
前回のブログにも書いた、トレードがそうですね、、、
生まれおちた性によって、評価は男性の方があきらかに高いのです。
女性がどれだけ、家事や育児、仕事のバランスを考えて
行動しているか、きっと考えたこともない年代の方たち。
やはり、団塊の世代が引退しないかぎり、変わらないと、改めて思いました。
出る杭は打たれる、女性ならもっと打たれるという事なのでしょうか。
私は体育会系なので、フェアに戦いたいです。