最近の引き寄せの法則

,
The following two tabs change content below.
こんにちは、風呂めぐみです。ご縁のある皆さま、いつもありがとうございます。高松でソーシャルビジネスのプラットホーム、コワーキングスペース・ガイニーを運営させていただいています。コワーキングスペースという提供させていただいている設備の特徴から、起業時の初期投資費用をおさえられるため、何かをはじめたい方の利用も多く、相談にのることがあります。セルフブランディングのお手伝いをさせていただいています。

こんばんは、風呂めぐみです。

少し前に、映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」を観てきて、地獄には階層があってその階層の話までは、勉強不足で、できませーーーん。というお話をさせていただきました。

なんと、まかふしぎ。摩訶不思議。

購読している漫画「霊感体質かなみのけっこう不思議な日常」の新刊8巻が7月25日に発売になったので、手に入れて読んだら、その階層の事が書いてありました。ですから、受け売りで説明できます。しちゃいます。(笑)

人は生死を繰り返して、輪廻すると言われ、

六道とは、仏教の教義で天道・人間道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道の6種の冥界をいいます。

そして、修羅ぐらいにはさいさい落ちる自覚があると、言っていたのを覚えていますでしょうか?よく修羅場というような事が、ドラマをみていてありますよね。人間としてではなく、修羅になっておこす行動の事ですね。

せっかく人間に産まれたのですから、それ以上を目指したいものです。

13669228_1023375917712261_3879944190594858140_n

それにしても、この写真はさらに上に3つありますね。。。うーむ、わかりません。またお寺さんにでもうかがってみます。

ちなみに、皆さんお寺は何のためにあるかごぞんじでしょうか?

と言っても、あまり信心していない私が言うのもなんですが、、、だん家さんのご先祖さまを記録しているところなのです。

なぜ、そのような事を知ったのかと言いますと。。。

11205825_394857714039803_587756171_n

以前四国八十八ヶ所をお参りする事になったエピソードも、書かせていただいたのですが、仏壇から105年前の納経帳がでてきて、裏に名前が書いてあったのですよね。この納経帳の持ち主は誰?となり、おかあさんが調べてくれたのです。その時、お寺さんにある記録をたどったとおっしゃられておりました。なるほど。。。。

今みたいに、コンピューターなんかありませんから、人が亡くなるとお寺さんがお経をあげてくださいます。もちろんお葬式でも、お経をあげてくださいまして、お墓に入るとそれをお寺が記録していたのですね。知らなかった。。。

昔父が夜逃げしたご家族の家に、諸事情があってうかがったそうな。仏壇の位牌を持って夜逃げしていなかった事に、とても怒っていたのですが、なぜ怒っていたのかが、やっとわかりました。

自分のルーツを知るということは、アイデンテティにかかわる重要な事。過去にとらわれる必要はありませんが、ご先祖様あっての今なので、それを忘れてしまってはいけないのですね。

はてさて、他にも引き寄せたものがありますが、、、

それは、また次の機会にでも。


9月に東京でセルフブランディングに関する相談会を予定しています。こちらは無料ではなく、会場費はいただこうと思っておりますが、1時間3千円から5千円程度を予定しています。

9月の東京にて、ほぼ無料の相談会はおしまい。今度相談会を開催するときは有料になります。

相談会の詳しい日程につきましては、こちらの「風呂めぐみ ニュースレター」にて先行のご案内をいたします。

>>>ニュースレターの登録はこちらから<<<

nyu-susyo

日々脳内にあふれてくる事を、いち早くお届けいたします。

講座の先行案内や、相談会の先行案内もお届けしています。

ですが、相談会後のwordpresを使ったホームページの制作につきましては、現在お受けしておりません。

いつも少人数の募集なのは、お一人お一人の更新しやすさをいっしょに考えるのと、カタチに落とすため、キチンと表現したい事を私が把握したいため。blogで情報発信できる場ができると、自分自身と向き合う作業が増えるため、あなたの人生が変わります。

次の公式な募集は、秋頃の予定です。またblogでもお知らせさせていただきます。少しお待たせいたしますが、wordpressでのweb制作や、初期設定をご希望の方は、下記お問い合わせフォームのその他をお選びになって、「web製作の申し込みについて」とコメント欄にお書きいただき、送信してください。

製作にとりかかれる日程になりましたら、ご連絡させていただきます。




お名前



Eメールアドレス



電話番号



お問い合わせ内容


それでは、あなたとお逢い出来ます事を、楽しみにしております。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.