アイディアの力

The following two tabs change content below.
こんにちは、風呂めぐみです。ご縁のある皆さま、いつもありがとうございます。高松でソーシャルビジネスのプラットホーム、コワーキングスペース・ガイニーを運営させていただいています。コワーキングスペースという提供させていただいている設備の特徴から、起業時の初期投資費用をおさえられるため、何かをはじめたい方の利用も多く、相談にのることがあります。セルフブランディングのお手伝いをさせていただいています。

今日は、最近読んだ本のぷちブックレビューです。

こちらは、訳書です。原書のネーミングがまたおもしろい。「MADE TO STICK」といいまして、STICKって何?と思って辞書で調べてみました。突く・刺さる・粘着力という意味があり、私なりに解釈してみると「粘着力のつくりかた」かなー?なんて思ったりしました。原書の本にも真ん中にガムテープが貼ってあったりして、おもしろい表紙になっていますね。

人の記憶に粘って、行動を起こさすためにするには、どうすればいいか?ということが、「成功」SUCCES という言葉を用いて説明されています。
S・・・Simple———– 単純明快である
U・・・Unexpected— 意外性がある
C・・・Concrete——- 具体的である
C・・・Credible——- 信頼性がある
E・・・Emotion—— 感情に訴える
S・・・Story———- 物語性
これらの要素を盛りこめたとき、人は感銘を受けて行動する糧になる。その事例等が紹介されていましたが、アメリカの出来事などで、ちょっと共感しにくい部分があるかも・・。

シェアと一言で言っても色々ある。ツイッターやフェイスブックを使って、情報をシェアしたり、古着や古本アンティークを購入するのも一種のシェアだ。香川県に住んでいるので、車のシェアは考えた事はないですが、学生の時にルームシェアには興味があった。最近友人がオフィスのシェアをしていて、その利便性をうかがってこれからの時代は、そうゆうのもありだって思っている。シェアを考えるとリノベーションが生まれたり、新しいコミニティーができたりする。共費=再生の道なのかもしれない。そこにビジネスがのっかると、イノベーションが生まれたりしないかなー?なんて漠然と思ったりしました。なかでも、これからの人口統計と、働く女性の数にあわせて、ルームシェアの理想が色々とあったので、不動産業界の方や、建築家さんに読んで欲しい一冊だなと思いました。ああ、私も結婚前に、一度ルームシェアしたかった。

恋愛を数字で図るとこんな形になりました?いや、これがすべてではないとは思いますが、恋愛後の特に女性の考えをハッキリと数字化してしまった本ではないかと思いました。アマゾンのレビューを読むと、賛否両論ありますが、私は見えないものをここまでバッサリと数字にしてしまった感に、とても衝撃的で記憶に粘ってしまいました。という言い方は、おかしいので、しっかりと記憶に残ってしまいました。

カフェボッサのマイ棚にも、登録しました。サイドバーにある本棚の事です。子供が生まれてから読書をするようになったのですが、記録に残し約60冊。体育会系の私にしてはよく続いているなー。これからもおもしろい本にであえるといいな。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.