2010年に100万貯める雑誌

The following two tabs change content below.
こんにちは、風呂めぐみです。ご縁のある皆さま、いつもありがとうございます。高松でソーシャルビジネスのプラットホーム、コワーキングスペース・ガイニーを運営させていただいています。コワーキングスペースという提供させていただいている設備の特徴から、起業時の初期投資費用をおさえられるため、何かをはじめたい方の利用も多く、相談にのることがあります。セルフブランディングのお手伝いをさせていただいています。

レビュープラスさんからの、ご献本で「wanna!ワンナ」をいただきました。付録のスケジュール帳とマネーブックが一緒になったノートまでいただいて、ありがとうございました。

61qariwbxlL__SL500_AA240_

20代~30代の方が読む雑誌のようですが、アラフォー目線でのレビューです。ワンナを読みながら、その年代ごろだった、自分を思いだしたりして、そういえば、一人暮らしをしていた頃は、貯金なかったなぁとか、ダイエットもしていたなぁとか、、、。

ダイエットも貯金も継続する事が必須なので、付録の手帳は、続ければこの二つを客観視できる内容になっているので、大変すばらしいと思いました。後、欲をいえば、女性ならではのリズムを記録できるところがあれば、なおOKですね。

雑誌の内容は、表紙がかわいい 優香ちゃんですが、彼女30歳になるのですね、、、私も年をとるわけです。優香ちゃん早く結婚してね。
入社3年で500万を貯めた達人に聞く!でレバレッジシリーズでおなじみの本田直之さんが、いかに少ない予算で楽しむかまた、習慣化するのかという事を語ってくれています。

私、本田直之さんの「レバレッジリーディング」読んだ事あるのですが勝手に、神田昌典さんと、勘違いしていました・・・。写真を拝見してあれ?と思ってしまいました。「田」しか合ってないのに・・・。

まま、余談は置いておいて、「2010年を強く生き抜くヒント!」で、企業されている女性社長、芝本さんのモットーや、経済ジャーナリストの荻原さんの節約術など、が書かれており、たくましく生き抜こうというメッセージがこめられています。

後半には保険と、投信のチョイスの仕方などなど、掲載されていて、比較対象がよくわかり、とても参考になります。保険は弊社にお勤めの若い女性も、未加入の方がいたりするのですが所得控除の範囲内で、入っておいた方が、「お得」だと私も思います。そんな、OLさんには、盛りだくさんの内容の「Wanna!ワンナ」でした。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.