最近夜更かしが多いよ

The following two tabs change content below.
こんにちは、風呂めぐみです。ご縁のある皆さま、いつもありがとうございます。高松でソーシャルビジネスのプラットホーム、コワーキングスペース・ガイニーを運営させていただいています。コワーキングスペースという提供させていただいている設備の特徴から、起業時の初期投資費用をおさえられるため、何かをはじめたい方の利用も多く、相談にのることがあります。セルフブランディングのお手伝いをさせていただいています。

こんばんは、風呂です。春になってから台所にあるデスクのいごこちが良くて、なんだか夜更かしが多くなっています。そのわりには、blog更新できていないですね。3月まったく書けなかった。そうそう、3月といえば息子6歳の卒園式がありまして、謝辞を読ませていただきました。その時のエピソードを。

一年間幼稚園で役員をさせていただいていたのですが、と言ってもほとんど先生方が役員さんに負担なくなんでもやってくださるので本当名前だけの役員のようでしたが、最後の役員会で卒園式の謝辞は毎年役員さんの中から選ぶということだったので、なすりあいになるのも嫌だし、軽い気持ちで、「じゃ、やりますはい・・。」と引き受けさせていただきました。本当軽い気持ちで。たぶん、前に出て今日はありがとうございました的な事をチャチャっと言ったら終わりなんだろうという風に想像していて、かる~く引き受けてしまったわけですが、その後ママ友さんに偶然お会いした時に、「謝辞を言う事になったのよ。」と言うと、「ああ、あの式辞をピラピラとするのね。」と言われて正直その時はまだピンときていませんでした。そして、幼稚園から式辞のサンプルといいますか、去年、その前と歴代の謝辞を子供が持って帰ってきて、それをお店のgain-Yで開けた時に事の重大さに気がつかされてしまいまして、ガーーーン、とノックアウトしたように一人お先真っ暗になってしまい、「こ、これは文章も考えないといかんのじゃ・・・」と一人つぶやいていると、その時一緒にコワーキングをしていたビデオ制作をお仕事にされていらっしゃるUさんが、「風呂さん、文章は考えても誰も覚えていません。風呂さんのする事は、ただ一つ!この文章でいうと、ココとココ、涙声で読む事ですっ」とえ、え、演出指導が入りました。そういえば、謝辞をひきうけたときに、園長先生が「なんか、淡々とこなしそうですねー。」とおっしゃられていて、なんで淡々とこなしたらいかんのやろうか?とその時はまだ不思議には思っていたのですが、もしかして、これは、泣きながら読まないといけないのですかっ?と言う事にその時初めてきがつくなどなど。

私の事をご存じな方は、きっと泣いているところなんて想像できないと思うぐらい、結構マイペースなポーカーフェイスって自分で言っていいのかどうかわからんのですが、そんなところがあって、自分でもこれは淡々とこなしてしまう当日の私が想像できたりしてまいったなーと思いながら、一応練習したりしていました。そして迎えた当日ですが、息子6歳はまったく泣く事もなく、それこそ淡々と卒園式をこなしていて、息子を見ても感動もしなければ、こみあげるものもなく、ああやっぱり淡々と?と思っていたところ、なんと仲良くしてもらっているママ友さんの娘ちゃんが、泣いている姿を見て感情移入してしまい、謝辞を読む時最初っから最後まで涙声で読んでしまい、私もアレアレ?と思いながら、鼻水をすすりながら読ませていただいたという事で、演出していただいたよりボリュームアップめで無事にミッションを終了いたしました。

そして4月から息子は、晴れてピカピカの1年生になる訳ですが、今年は桜が早く咲きすぎて、幼稚園に入園する子供達は桜無しかなー、気の毒やなー、なんて人ごとのように思っていたのですが、よくよく考えたら息子も小学校1年生になって桜必要じゃない?ということに気がつくなど、最近いやずっとまえからかもわかりませんが、ワンテンポ遅れて気がつく事が多い風呂さんです。そして写真も桜のピンボケ写真。春だから仕方がないか(笑)でも、やっぱり桜がない入学式はさみしいな。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.