時代の流れにのってみる?

The following two tabs change content below.
こんにちは、風呂めぐみです。ご縁のある皆さま、いつもありがとうございます。高松でソーシャルビジネスのプラットホーム、コワーキングスペース・ガイニーを運営させていただいています。コワーキングスペースという提供させていただいている設備の特徴から、起業時の初期投資費用をおさえられるため、何かをはじめたい方の利用も多く、相談にのることがあります。セルフブランディングのお手伝いをさせていただいています。

約二週間ぶりの、物語の更新となってしまいました・・・。
皆様、覚えてくれているのでしょうか?実は私も、忘れ気味、ちゃんとお話がつながっているかも、不安ではありますが、もう少し、お付き合い下さいませ♪そして、エンジンがかかるまで、ちょっとまって下さいまし。。。
通信ばかりしていても、仕事に使った事にはならないし、仕事に使わなければ!と思い、当時従姉妹も起業したばかりでお暇だったので、よく一緒にランチに行き、パソコンを使って仕事がしたいけど、使い方がわからないと相談しました。すると従姉妹が「じゃあ詳しい人を知っているので一度、会社に行かせるね。」と言ってくれて、ソフトに強い人が来てくれた。具体的に何がしたいか聞かれたので、集計に使いたい事を言うと、今の主流は、エクセルですが、私のパソコン、いえ正確には、弟のパソコンに入っていたのは、ロータス1.2.3というソフトでして、表計算を立ち上げて、基本的な操作を教わりました。教わったというより、簡単な数式の計算を見ていた?の方が正しいかな?その後、ソフトについていた説明書を見たりしましたが、課題を与えられて何かを作成するというわけでもなく、ただ、単に操作方法だけ習得しても当時は応用がききませんでした。それより、私がパソコンを使おうとしているのを見て、社長がパソコンを買ってくれました。買ってくれたと言っても、お付き合いのあった銀行さんがとある会社が倒産してパソコンのリース物件が残っているので、引き継いでもらえないか?とお話があって、引き継ぐ事になったのです。それに、給与計算ソフトも、もともと入っていました。そのソフトが、今では有名になっています。コマーシャルなんかもしています。給与に関してあまり詳しく知らなくても、税率計算や年末調整まで、してくれて、とても重宝しています。昔は専門職の人が、担当していた業務も、法律などが変わるたびに、ソフトの内容がアップデートされて、遠方にいても、最新のソフトを自分のパソコンに、インストールする。
なんという時代がきたものだ。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.