小さなフォーメーション

The following two tabs change content below.
こんにちは、風呂めぐみです。ご縁のある皆さま、いつもありがとうございます。高松でソーシャルビジネスのプラットホーム、コワーキングスペース・ガイニーを運営させていただいています。コワーキングスペースという提供させていただいている設備の特徴から、起業時の初期投資費用をおさえられるため、何かをはじめたい方の利用も多く、相談にのることがあります。セルフブランディングのお手伝いをさせていただいています。

おはようございます。風呂です。会社を設立してからはや10日過ぎてしまいました。お知り合いの方にお逢いすると、色々と質問されたりするのですが、インターネットで存在をPRしただけなのに、たくさんのお知り合いの方が周知してくださっていることに、今更ながら、さらにインターネットの力を感じている風呂なのでした。

さて、週末は「日本androidの会四国支部」のミーティングがありまして、四国支部を設立して今月で三周年になるそうです。私は一周年の頃から参加させていただくようになり、androidの濃いいいメンバーを楽しませていただいているわけですが、今回のミーティングで、四国という単位はあまりに広すぎるので、香川県で支部を設立してみよう!というお話になりました。無事に支部が立ち上がったら、その濃いいいいいメンバーをご紹介する機会があると思いますので、またお知らせさせていただきますね。

 

そして、週末のキワメつけはこちら、六歳になった息子からうまれたキャラクター「キットくん」です。家族で焼肉を食べに行ったんです。その帰りに私がお代金を精算していたら、お店の外でなにやらゴゾゴゾしていた息子が、「ママ、ゴキブリの赤ちゃんがいるっ!」と虫が大好きな息子が興奮ぎみに言っていました。帰ってきてなにやら、一生懸命書いていると思っていたら、「ごきぶりをつかまえたい」キットくんがうまれました。ふきだしの部分に「ごきぶりつかまえたい」と書いています。「お~」とさけんでいるのがゴキブリです。

今夜、神田昌典さんの著書「2022―これから10年、活躍できる人の条件」の読書会が高松で開催されるのですが、その著書のなかで、第五章「イン・フォーメーションから、エクス・フォーメーションへ」という章があります。まさに、息子六歳はちいさなフォーメーションを起こしている!と思った親バカな私なのでした。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.