仕事に使わず、まずは通信の世界にはまる。

The following two tabs change content below.
こんにちは、風呂めぐみです。ご縁のある皆さま、いつもありがとうございます。高松でソーシャルビジネスのプラットホーム、コワーキングスペース・ガイニーを運営させていただいています。コワーキングスペースという提供させていただいている設備の特徴から、起業時の初期投資費用をおさえられるため、何かをはじめたい方の利用も多く、相談にのることがあります。セルフブランディングのお手伝いをさせていただいています。

この頃になると、パソコンを触るのが楽しくて、この小さい箱でいったい何ができるのか、ワクワクしながら、会社に行ったものです。時間に余裕があったので、朝から晩までパソコンを触っていました。
基本ソフトが使えるようになったのは、実はもっと後からで、通信の方が先だったと記憶しております。
MSNで会員登録して、どんどん進んで行くと、色々な情報が閲覧できたりして、ほほー、これが、最近流行のインターネットというものなのか?と、色々と見られる情報にうっとりしていましたが、やがて、「チャット」というものに出会います。MSNのチャットに初めてログインしたときに、「こんにちは>menmiさん」という文字が上に上にと、流れていき、最初はなんの事かわからず、なんで私の名前知っているのだろう?と、ながめているだけでしたが、そのうち、なにやら、文字で会話している事がわかり、なかには、私に話しかけてくれる人もいたりして、すぐに、返事を書きました。しかし、ここで問題が、文字入力が極端に遅かったため、自分が発言しようと、一生懸命入力している間に、別の話題に突入・・なんて事がしょっちゅうあり、発言がなかなかできず、ヤキモキしました。そして私はある、ソフトと出会い、文字入力の練習をはじめたのでした。
練習をはじめると、左手の小指が思うように動かない事に気がつきました。バスケで痛めていたせいもありましたが、母音の「あ」を左の小指でたたくため、結構使うのですよね。
そんなこんなで、練習したソフトと、チャットのおかげで、ブラインドタッチはなんなくこなせるようになったのでした。きっと、あの頃、チャットに出会わなければ、パソコン使うのをやめていたかも?そして、その頃思ったのは、インターネットの世界にいる人々は色々と質問したら、教えてくれて、やさしいなぁ、と思っていました。
もちろん、仕事中にこっそりと、チャットもしていたのでした。ところが、ところが、調子にのって、チャットをしていたのですが、その頃のMSNのプロバイダー料金は、使い放題ではなく、従量制だったため、翌月のクレジットカードの請求を見てびっくり!!!9万ぐらいきていた覚えがあります。とても高い授業料となったのでした。幸いにも電話代の通信費は、会社の回線でしたので、大阪までの電話料金は会社が負担、もちろん内緒にしていました。社長ごめんなさい。
・・と、とんだ従業員だったのでした。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.