そうだったと言ったものの・・・

The following two tabs change content below.
こんにちは、風呂めぐみです。ご縁のある皆さま、いつもありがとうございます。高松でソーシャルビジネスのプラットホーム、コワーキングスペース・ガイニーを運営させていただいています。コワーキングスペースという提供させていただいている設備の特徴から、起業時の初期投資費用をおさえられるため、何かをはじめたい方の利用も多く、相談にのることがあります。セルフブランディングのお手伝いをさせていただいています。

そうだった、そうだった。と言ったものの、それでは、私にどんな
「エール」が送れるかを考え中。。。ちょっと、会社の若い子と
ディスカッションをしてみて、私ができそうな事が間違っていないか
を確認してみました。
その前に、ちょっと最近思うことを書かせてもらおうって思いました。
それは、仕事をしたい側と、採用したい側のギャップについて、思う事
新卒の採用時に思うのは、若い人には、スパイスが足りない。。。
スパイスって何?う~ん、その人のインパクトの事だと思います。
話がそれますが、私は学生の頃バスケをしていたと、何度か書いた事が
ありますが、バスケを教えてくれた先生が一年生が入学して、新しいチ
ームメイトとしてスタートするときに、それぞれ、あだ名をつけてくれ
ます。それはプレー中に呼びやすいあだ名を考えてくれるのととても
良いごろ合わせだったり、とにかく、3年間はそのあだ名と一緒に、
プレーをします。いや、卒業後も、その仲間や先輩後輩にを会うと、
そのあだ名で呼んだりしていますね。
私の先輩に、ペッパーさんというあだ名の人がいました。その人のあだ
名の由来は、コショウのように、ピリッとしているからだと、先生が教
えてくれました。「こいつは、転んでもタダでは起きないヤツなんだ
よ」という言葉を聞いて、先輩の勝ちへの執念が伝わった事でもありました。
ペッパーさんは、キャプテンをされていて、明るくかわいく、本当
憎めない人でした。それでいて、頭の回転が速く、プレーの切り替え
も、すばやい、ねずみのような人でした。
今は、お母さんになっていらっしゃいますが、息子さんに、恩師と同じ
名前をつけさせてもらって、恩師にお会いする機会があって、息子さん
が悪いことをすると、名指しでおこったりして、「まるでわしが、ペッ
パーに怒られているような気分になるよ。」と恩師がおっしゃっていた
のを聞いた事があります。
ほんとうに、いつまでたっても、スパイスのきいた人ですね。
さて、ちょっと話が脱線してしまいましたが、たいてい面接での質問は
ある程度準備された、質問事項をローテーションで聞いていて、そこ
から、その人をさぐろうと、糸口をみつけようとしますが、ありきたり
の答えしか、かえってこないと、話の膨らみようがなく、こちらも
後で振り返っても、ああ、あのメガネをかけていた子ね、とか、おさげ
にしていた子ね、というインパクトしか残っていません。ちょっと、
面接官が、ドキッとするような切り返しや、もっと聞きたいと思われる
スパイスがあったほうが、インパクトに残るのです。
面接は限られた時間の、自己表現の場所と思って、のぞんでみてください。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.