お琴

The following two tabs change content below.
こんにちは、風呂めぐみです。ご縁のある皆さま、いつもありがとうございます。高松でソーシャルビジネスのプラットホーム、コワーキングスペース・ガイニーを運営させていただいています。コワーキングスペースという提供させていただいている設備の特徴から、起業時の初期投資費用をおさえられるため、何かをはじめたい方の利用も多く、相談にのることがあります。セルフブランディングのお手伝いをさせていただいています。

おはようございます。ふろです。日曜日にとあるイベントで「琴伝流大正琴」を家族でききにいきました。

6台あった大正琴は、それぞれパートに別れていて、オーボエとかアルト、ソプラノ等役割が決まっていて、とても大きな音で合奏しイメージしていた音楽とは違った演奏を聞かせていただきました。

私は幼いころに、13弦あるお琴を習っていたことがあります。譜面は一~十斗(ト)為(イ)巾(キン)という13の文字であらわされており、三つの爪をつけて奏でます。弦を押したり、すくったりして音を出します。大正琴は、番号で譜面が書かれていて、番号を押すことでその音が出るとおっしゃっていました。時間ができたらまた13弦あるお琴習ってみたいな。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.